GIPPY  GT15 
破損機体の主翼を再生使用しての機体 15ccガソリンエンジン使用
 

2018年6月 「ZIPPY」翼長1630mm 機長1540mm 重量4.2kg 翼面積52.4du  OS GT15(ガソリン15cc) 4ch5サーボ
破損機「Z-POWER」の主翼を利用する 


シナベニア3mmを使用しての胴枠を切り出す


胴体・水平尾翼・垂直尾翼の生地完成   尾翼には各所に破損機の再生パーツを使用  作業部屋が狭いので工作が大変・・・

  
                     胴体のフィルム貼り終了                          エンジンはブレークインスタンドにて試運転  ガソリン2サイクル15cc (OS GT15)


主翼は墜落破損機の物を使用(翼幅を縮小) 予定より重量やや増加(重量4.2kg) 飛行にどんな影響がでるか?
イグナイター及び電池の重量増加のため


ガソリン2サイクル15cc (OS 15GT)  胴体の幅が狭いので積み込みが大変・・  エンジン出力もやや不安!!

  
133号機のラベル  手がけた機体の番号 (キット製作機・自設計の機体・再生機・完成機等、R/C機の手がけた数)


燃費よく、グロー25程度のタンクで充分


エンジンパワーに問題なく、満足に行くフライトが出来る  苦労しての製作が報われる   クラブの飛行場